屋根工事

日々日差しや風雨を直接受け止める屋根は、お住まいの中でも最も傷みやすい部分。
普段目に届きにくいために、雨漏りして初めて屋根の状態に気づいた……というケースも少なくはありません。

施工の良し悪しや、立地環境にもよりますが、瓦屋根なら25~30年、スレート屋根なら20~25年、板金屋根なら15~20年が、葺き替えの目安。

また、瓦がズレたり、漆喰が崩れたり、雨樋が詰まったりした場合は、その都度補修工事が必要です。
特に台風の後などは、屋根が傷んでいる可能性がありますので、手遅れになる前に、定期的に屋根診断をご依頼されるのがおすすめ。

適切なメンテナンスを施すことで、屋根材を長持ちさせ、葺き替えの頻度を減らすことにつながります。


■ こんな工事はお任せください

◎ 屋根葺き替え工事
老朽化した既存の屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替えます。
屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった、下地部分の補修も同時に行うことが可能です。

◎ 屋根カバー工事
現在の屋根はそのままに、上に新しい屋根を乗せて覆います。
工事中も変わらず生活でき、廃材も出ないため、葺き替えと比べて手軽に行うことが可能。
屋根の劣化状況によっては施工できない場合もあります。

◎ 雨樋工事
「雨樋」とは屋根の軒先部分や、外壁をつたって設置されている、細長いパイプのような設備のこと。
屋根面を流れる雨水を集めて排水する、という重要な役割を担っています。
外れたり、変形したりしているのを発見した場合は、すぐに修理をご依頼ください。

◎ 板金工事
「板金」というのは、屋根と屋根が合わさる、山状の接合部分を固定している金属のこと。
お住まいの一番高い部分にあたるため、強風の被害に遭いやすく、剥がれたり、変形してしまうことがあります。
雨水の浸入を防いでいる大切な部分ですので、定期的に点検を行いましょう。

◎ 雨漏り修理、その他修理工事
屋根瓦の割れや老朽化などをそのままにしておくと、雨漏りが起こってしまいます。
屋根に異常を見つけたら、すぐに修理をご依頼ください。
早めの対処を行えば、費用も安く済ませることが可能です。

一覧に戻る

▲TOPへ